職場恋愛のアプローチ法7選!社内の環境&行事を上手く活用せよ!NG行動もまとめてみたぞ!

職場恋愛を成就させるにはまずアプローチをする必要があります。

もっと仲良くなりたいのに今までなかなかそのきっかけがなかったという人は自らアプローチを仕掛けていきましょう!

ただし、職場恋愛は様々な制限がありますし、間違ったアプローチをするとウザがられたり嫌われたりすることもあります。

職場恋愛という特殊な環境下での有効なアプローチとNGアプローチをしっかり見極めていきましょう!

 

スポンサーリンク




 

職場恋愛の有効なアプローチ法7選

それでは職場恋愛を成就させるための有効なアプローチ法を解説していきます。

  1. 仕事の相談に乗る・フォローする
  2. 自然な接点を多く作る
  3. 気にかけていることをアピールする
  4. 明るい挨拶、世間話
  5. ちょっとした特別感を出す
  6. 飲みに行く・プライベートで会う
  7. 仕事をきちんとやる

基本的には日常業務の中で自然な流れを利用してアプローチを仕掛けていきます。

その後プライベートにつなげられるとベストですね。つまり、いきなり特別なアプローチをする必要はないということです。

『日常』『通常』の中のチャンスを広げられるかが鍵となります。

 

①仕事の相談に乗る・フォローする

日常業務の中でアプローチをかける基本的な方法です。

相手が困っていることがあればあれば手助けしてあげ、なにかに悩んでいるようであれば声掛けをしてあげましょう。

もちろん逆のパターンもありです。あなたから相談を持ちかけるのも良いでしょう。

人間は頼られるのが好きな生き物ですから、尊敬の念を持って頼るのは全然OKです。

 

②自然な接点を多く作る

会社行事や飲み会、仕事のプロジェクトなどを利用して相手との接点を増やして行きます。

幹事を買って出れば話す機会もできますし、飲み会のイベント参加時にも近くの席をキープするなど、さりげなく接点を持つように心がけましょう。

職場内のちょっとした『係』でもいいですよ!買い出し係、掃除係、一緒に行動する機会さえあればそれが全てチャンスになります。

 

③気にかけていることをアピールする

業務と直接関係ないことでも、ちょっとした変化に気付くのもありです。

『なんか最近疲れてない?大丈夫?』

『もし困ったことがあったらいつでも言ってね』

この一言を貰えるだけでも人間うれしいものです。

その他『ストレス発散だったらいつでも付き合うよ~』なんてのもいいですね。

ポイントは軽めに声をかけること。

根掘り葉掘り聞かない。しつこく誘わない。

あくまでも『気にかけてるよ』というのが伝わればそれだけで十分アプローチになっていますので、重くなりすぎないように。

 

④明るい挨拶、世間話

何気ない会話が大事です。

特に大切なのは挨拶。目を合わせてさわやかに挨拶するだけで印象が変わります。

逆に、挨拶をしない、目を合わせない、微笑まない・・・このようなシーンを想像してみてください。好感度が上がるはずがない!もっと話してみたいな、なんて思えるはずがありません!

挨拶は社会人として基本でありますが、男女間においても当然必須項目となります。

 

⑤ちょっとした特別感を出す

相手に対して『ちょっとして特別感』を出すのは効果的です。

ポイントは『ちょっとした』『さりげない』特別感です。

例えば、職場に出張のお土産を持って行った時に、気になる相手にだけ特別にお土産を用意する。

この時に、『この前お菓子もらったから』『この前コーヒーをおごってくれたので』『この前私がミスした時に一緒に残って手伝ってくれたので』

など、ちゃんと理由をつけます。それでいて、金額も1000円以下(500円くらいでもいいと思う)で相手が気を遣わないくらいの金額にしていきます。

あくまでも日ごろのお礼、そしてお返しが不要なくらいの金額を目指しましょう。

もし他の同僚に見つかっても疑われないようにするためです。

これはお土産だけじゃなくて差し入れなどでもいいですね!

いただけると基本的に人間嬉しいものですし、それが会話の接点にもなります。

 

⑥飲みに行く・プライベートで会う

日常業務の中で少しずつ距離が縮まって来たら社外での時間を増やしていきましょう。

最初は他の同僚と一緒の方が良いかと思います。回数を重ねたら、二人で飲みに行ったりしてみましょう。

緊張するという人もいるかもしれませんが、『職場』という共通の話題があるので話のネタに困ることはありません。

勇気を持って誘っていきましょう。

 

⑦仕事をきちんとやる

大前提ですが、仕事はきちんとやりましょう。

ごくまれにいるのですが、好きな人ができると仕事も手に付かず、ずっと恋愛のことばかり考えている人がいます。

正直、『脳内お花畑の人』を魅力的に感じるはずがありません。

仕事をやっている姿がかっこいいから好きなんだし、仕事に一生懸命で悩んでいるから助けてあげたいと思うのです。

きちんとやるべきことをやる、仕事をこなす姿が一番あなたをアピールすることに繋がります。

 

スポンサーリンク




 

やってはいけないアプローチ

基本的に相手との距離を縮めるためには積極的に動いて欲しいところですが、中には、やってはいけないアプローチ法があります。これをやると逆効果。むしろ嫌われる可能性もありますので気をつけましょう。

仕事中のNGアプローチは3つです。

  1. 贔屓する
  2. 仕事中にサボってまで話しかける
  3. 周りからかためる

大概が無意識にやってしまってます。

気をつけましょう!

 

①贔屓する

相手のことを『特別な存在』に思うのはいいのですが、それが過度に表現されると逆効果です。

簡単に言うと、周りにバレるような贔屓はやめましょう。

明らかに他の社員と差別したり、態度が違ったりすると周りから見ていてもいい気がしません。

それだけでなく、『贔屓されている』と思われている本人としても嬉しいどころか非常に迷惑です。

『あの人だけいつも特別扱いされているよね』なーんて裏で噂されたらたまったもんではありません。

 

②仕事中にサボってまで話し掛ける

『好き』という気持ちが多きすぎて過剰に接点を作ろうとする人がいます。

  • 用事もないのに話し掛ける
  • 他の人に頼むべき用件なのに好きな人と話したいがためにその人に依頼する

これらの行動も非常に迷惑です。

『一緒にサボってる』なんてレッテルを貼られることだってあります。

職場ってみんな忙しそうにしてても意外と周囲のことを見ています。注意しましょう。

 

③まわりから固める

これも迷惑行為です。

好きな人ができたら周りから固めたがる人種がいますよね。

周囲に言えば、協力してもらえる、応援してもらえる、自分が先に『好き』宣言していることで後から好きになった人が言いづらくなる・・・様々な効果があります。

これは絶対にやめてください。

まずですね、むこうの事情をしっかり考えないといけません。

もしかしたら相手は

  • すでに恋人がいるかもしれない!
  • すでに好きな人がいるかもしれない!
  • 今は誰とも付き合う気がないかもしれない!
  • 社内恋愛だけは絶対にしないと心に決めているかもしれない!
  • もしかしたら社内ですでに他に好きな人がいるかもしれない!
  • もしかしたら社内ですでに他に付き合っている人がいるかもしれない!!

色んなパターンが考えられるわけです。

あなたが周りを固めることで、周囲は二人の恋を応援します。

すると、恋愛が成就しないことが場合によっては相手が悪者のように見られてしまうこともあります。

よくあるのは『思わせぶりな態度しておいて実は彼氏がいたのかよ!』

みたいなね(笑)!

いやいや、勝手に勘違いして好きになって周囲に言いふらしてただけじゃん!それなのに相手を責めるのはお門違いというやつです!

あなたの恋が相手の仕事や恋愛の邪魔をすることがあってはいけません!!

親友くらいに恋愛相談する程度ならいいですが、自分が楽をしようと思って周りから固める行為は良いとは言えません。

大人らしい恋の進め方をするようにしましょう。

 

調査結果(まとめ)

職場にいる、気になる人に近付くためにはアプローチする必要があります。

しかし、職場は普通の婚活やコンパなどとはそもそも性質が違います。

異性と出会うことを前提で集まってないし、あくまでも優先されるのは業務でなければいけません。

仕事の邪魔になってもいけませんし、職場の環境を壊してもいけません。

これらの前提を踏まえた上でアプローチをかけることが大切です。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です