社内恋愛の4つのリスク解説!職場で気を付けることは?

社内での恋愛はとにかく面倒くさい。トラブルに繋がる要因ばっかり

覚悟を持って向き合わないといけません。

社内恋愛には敵が多いのです。

私が実際に職場恋愛を経験してみて感じた、職場恋愛のリスクを解説します。

 

スポンサーリンク




 

職場恋愛につきまとう4つのリスク

私も当時職場恋愛をする中で彼氏(現旦那)に告白する前に職場恋愛のリスクというものを真剣に考えました。

正直、この覚悟がない場合はその恋愛は諦めた方がいいかもしれません。

私は今の職場を長く勤めるつもりがあまりなかったのでその点は少し気軽に考えていたのかもしれません。

なかなかやめる環境にない方はとくに真剣に考えた方がいいです。

職場恋愛のリスクは4種類あると考えています。

  1. 別れた後のリスク
  2. セクハラ・パワハラのリスク
  3. 業務上のリスク
  4. 第三者を巻き込むリスク

 

 

①別れた後のリスク

付き合ってから結婚まで行けばよいですが、中には途中で別れるカップルもいます。

私もその内の一人です。

『別れた後』のことなんてなかなか想像し辛いかもしれませんが、告白する前にでもこのことはある程度想定しておく必要があります。

 

別れた後も定年まで一緒

基本的に社内恋愛で出会った人は定年まで『仲間』として過ごすことになります。別れた後もずっといるわけですから、例えば別れ方が悪いとその嫌な気持ちのまま何十年も働かないといけないわけですね。

浮気、二股、不倫などをしてしまった場合は最悪です。ずっと後ろ指を指されるわけですからね・・・。

 

『元恋人』がずっといるという現実

別れてもお互いに『元恋人』という肩書は一生消えません。

仮に次に社内で恋人ができても、『元彼』や『元カノ』が近くにいるということです。あなたは良くても次の恋人がそのことをどう思うかはわかりません。

何人も恋人を作っていると『あの人軽い』『恋愛をするために来ているのかな』とか言われます。

会社は小さな『むら』のようなものです。

別れ方が悪ければ悪い噂をガンガン流される可能性もあります。

 

私は基本的には社内恋愛は自分たちの為にも周囲の為にも隠すことがマナーだと思っています(私も結婚まで7年間隠し続けました)。

 

 

②セクハラ・パワハラのリスク

付き合った当時はお互いに想い合っていても、時間が経てば冷静になって相手の悪いところ、嫌なところが目てくるものです。

その時に人によってはセクハラ・パワハラとして訴えてくる可能性もあります。

男性はパワハラを訴えられると弱いです。

交際時のLINEや写真の流出なども考えられます。

一部の事実だけ流されるとあたかもパワハラやセクハラのように取られることもあります。

気を付けるのは男性だけではありません。

例えば、女性の上司からの誘いだから断れなかったなんて言われるとパワハラを疑われます。

 

スポンサーリンク




 

③業務上のリスク

社内恋愛をしていることがあれば業務の上でも色々と面倒なことになります。

職場は本来恋愛をするところではないので、そこで恋人を作っているというだけで人によっては批判的に見てきますし、なにか失敗をしたりすると『恋愛』を理由に挙げて来ていちゃもんをつけてくる人もいます。

 

なにかと『恋愛』のせいにされる

『たまたま二人の休みがかぶった』『たまたま休憩時間がかぶった』一緒に働いているとこのようなことも自然と発生するのですが、これを理由に言いがかりをつけてくる人がいます。

『恋愛に夢中になっているからだ』なんて言われると本当に面倒です。

中には体調が悪くて仕事のクオリティが落ちたことも交際のせいにされることもあります(実際に他のカップルがこれで責められていて私はかなり怯えていました)。

言いがかりと言えば言いがかりなのですが・・・でも、マナー違反をしているのは職場恋愛をしているこちら側なので、反論はしにくいのが現状です。

 

④第三者を巻き込むリスク

第三者が告白してくると面倒

職場恋愛の難しいところって、二人だけの問題ではないというところだと思います。

あなたとパートナーがラブラブカップルだとして、もし全くべつの第三者があなたのことを好きになったとします。

その時点で揉める可能性大。

二人の交際をバラしているのならまだしも、隠していたら・・・?

告白してきても『恋人がいる』ということを言わずに振らないといけないわけです。

そう、相手に嘘をつくわけですね。

もし交際が発覚したら当然恨まれます。

誰が悪いわけでもないのですが、トラブルに繋がりやすい環境だということを念頭に置いておかなければいけません。

 

嫉妬の嵐

職場にいるのはあなたと恋人だけではありません。

まったく関係のない第三者が入り込んで(悪意はなくても)それがトラブルに発展することもあります。

意図したことではないにしても仕事上でパートナー以外の異性と絡むこともあります。

目の前でそれを見ないといけないのに、反論できないわけです。ケンカの元にもなりやすいです。

 

職場恋愛で嫉妬するときの対処法!嫉妬の要因が満載の社内で上手く回避するのだ!

2019年9月23日

 

 

職場恋愛は誰にもばらさない方がいい

このようなリスクを踏まえて私が感じたのは、職場恋愛はばらさない方が良いということ。

私は結局7年間隠し続けました。

その間、当然周りの人には嘘をつき続けることになったのですが、それでもはやり、今振り返ってみても言わなくてよかったなと思います。

ただでさえ毎日の仕事が大変なのに、そこに『恋愛』という別の問題をはさみたくなかったですね。正直。

詳しくはこちらの記事にもまとめていますので参考にしてください。

 

社内恋愛を隠す為の5つのコツ!職場で秘密を守り通す秘訣とは?

2019年9月23日

 

調査結果(まとめ)

職場恋愛には大きなリスクを伴います。

  1. 別れた後のリスク⇒別れた後に定年まで気まずい思いをする可能性がある
  2. セクハラ・パワハラのリスク⇒不仲になった時にセクハラ・パワハラと訴えるネタにされる可能性
  3. 業務上のリスク⇒交際が原因で業務上の差別、批判を受ける可能性
  4. 第三者を巻き込むリスク⇒当事者以外の人が絡んできたときにめんどくさくなる

このようなリスクをふまえて、社内恋愛に挑むかどうかを考える必要があります。

私個人としては、せっかくのご縁ですからその恋を諦める必要はないと思います。

ただ、やはり面倒なことになる可能性は高いので、二人の関係は内緒にしておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です