好きな人と緊張して話せない人必見!心構えと実践対処法を紹介!

好きな人と話せる絶好のチャンス!

それなのに・・・やっときたチャンスなのに・・・

緊張して上手く話せない(泣)!!

という人も多いのではないでしょうか。

上手く話せないどころか緊張のせいでいらんことを言ってしまって、相手の距離を縮めるどころかもっと広がってしまったという人さえいます。

それだけ会話って難しいものなのです、

モテ男やモテ女が簡単にやっているから出来るように見えますが、あれは元々おしゃべりが得意な人種です。

今回は

  • 好きな人と話すときに緊張してしまう理由と失敗例
  • 好きな人と話すときに緊張しない方法(対策)

を順番に紹介していきます!

とくに『失敗例』は具体的なNG会話例もありますので、あなたがこんな話をしてしまっていないかチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク




 

好きな人と話す時に緊張してしまう理由と失敗例

自分に自信がない

自分に自信がない人は話すときに損をしています。

まず話しかける瞬間ですが、『声かけていいかな、迷惑かな』みたいな感じでおろおろしながら話しかけますよね?緊張感MAX、不安なオーラ全開で近付かれるわけです。

正直、不気味です(辛辣)。

以下、自信がない人がやりがちなNG行動です。

NG会話

  • 遠目から話しかけるタイミングを図っている(不審な視線が怖いです)
  • 話しかけたくせに黙り込んでいる
  • 声が小さい
  • 脈絡のない会話をする

あなたにとっては一途な想いからの行動なのですが、向こうからすると『不審な人』って感じになります。

ナンパする人とかもっと不審なはずなのに、あの人達はカラッとしているというか(笑)、不気味な空気がないんですよね。緊張感ゼロなのがいいんです。

不気味さ、何を考えてるか分からない、ストーカーのような行為・・・これらの行動は逆効果なのでしないように気をつけましょう。

 

自分を良く見せようとしてる

好きな人を話すのは二人の距離を縮めるチャンスでもありますよね。

それゆえに逆効果の行動をしてしまう人がいます。

以下、自分を良く見せようという人がやりがちなNG行動です。

NG会話

  • 自慢話が多い
  • 自分の話ばかりする
  • 相手の気持ちを考えずに話を進める

特に男性に多いですが、『女性はこれを言っておけばいいだろ』『女性はこれをすれば喜ぶはず』という勝手な思い込みがあって、相手女性が求めてもいないことをベラベラを話す人がいます。

『今度奢るから食事にでもいかない?』

『知り合いがテレビ局で働いていて野球のチケットもらえるんだ!一緒にいかない?』

↑こんなこと言っちゃったりしてません?

これ言ったら女性は喜ぶかも!って思うかもしれませんが、そんなことありませんからね!

上の事例で言うと、

  • 今時の女性は自分でも稼いでますから『奢ってもらう=行く』は成り立ちません。
  • 趣味も多様化しています。全員が全員野観戦が好きなわけではありません。

相手が何で喜ぶかは100人いれば答えは100通りあります。

それを知る為に会話をしなければいけないのです。

 

ドキドキしすぎて何を話していいか分からない

緊張しすぎて会話を続けられないという人もいます。

無言の時間が気まずく感じますよね!相手の人が話してくれればいいですが、話してくれないこともあるでしょうし、相手ばかりに話しをさせても申し訳ない・・・。

苦しいですね!

これに関してはコツがありますので後ほど解説します。

 

スポンサーリンク




 

好きな人と話す時に緊張しない方法【心構え編】

そもそも緊張するのものだと思っておく

まず、これを念頭に置いてください。

好きな人との会話は緊張するものです!

ナチュラルに話せる人を見ると羨ましいと思うし、自分もそうならなきゃと思うでしょうが、こればかりは生まれ持って得意な人もいますし、今までの経験の中で技術を向上させている人もいます。

私もラジオDJの仕事を何年もやってみて思いました。人との会話を円滑にするのは練習と経験が必要です。

ですので、緊張して当たり前なんだ、緊張することは悪いことではないんだということをまずは念頭に置いておきましょう。

 

いいかっこうしようとしない

会話をするとき、流暢に話さなきゃとか、面白いこと言わなきゃと意気込まないことです。

別にプロの芸人じゃないんですから上手く話せなくていいんですよ!

特にシラケるようなネタ(自虐ネタ・下ネタ・誰かをイジる系)は絶対に言わないようにしましょう。

スベると一気に好感度ダウンです。

一番心掛けて欲しいのが、相手に『居心地よく感じてもらうこと』です。そのためには聴き役に回るのもありです。自分がベラベラ話さなくても意外と大丈夫ってことです。

プラスポイントを作ることを意識するよりも、マイナスポイントを作らないように意識しましょう。

 

緊張しない方法【行動編】

事前に会話のネタ準備しておく

そうは言えども、可能な限り会話を楽しんだり、二人の距離を縮める機会にしたいものです。

その為には事前に会話の準備をしておくことをおすすめします。

どのような会話になるか、話にもっていけるかを想定できればある程度緊張がやわらぎます。

就職面接と一緒ですね!

  • 相手の好きなもの
  • 好きな食べ物
  • 最近のブーム
  • 仕事や勉強の進捗状況

このようなネタを集めておきましょう。

食べものだったら、それに関連するお店を検索しておくのもありです。

相手のブームが何かあれば、自分もそのブームに乗ってみるのもありですね!

共通の話題になり得るネタを事前に増やしておくということです。

自分で会話をリードできるという利点もあります。

 

誰かに協力してもらう

ど~しても二人きりだと上手く話せないという人は誰かに協力してもらうのもありです。

あなたが信用できる友人を選んでグループとして出かけるのもいいですね。

バーベキュー、ショッピング、なんでもいいです。

一つだけ気を付けていただきたいのが、その友人に事前に言っておいて欲しいのですが、無理に二人きりにしないこと。

あなたとお相手の異性をくっつけようとするあまり、わざと二人きりになるようなシチュエーションにしたり(ラブコメか)。

このようなことは絶対に辞めてください!

お相手からすると『グループで遊ぶというから来たのにそんな裏目的があったと知ってたら来なかった』という人も多いものです。相手はまだあなたと二人きりになりたいと思っていない可能性が大きいです。

相手の気持ちをないがしろにしてはいけません。

 

調査結果(まとめ)

好きな人といる時にどうしても緊張してしまう人は、

  • いいかっこうしようとしない
  • 相手のことを考える

というのをまずなによりも考えてください。

特に『相手のことを考える』というのは必ず相手に通じます。

相手の好きな食べ物を事前にリサーチしてお店を調べていたり、相手の仕事の愚痴を聞いてあげたり・・・。相手がその時に臨むことを叶えてあげることが二人の距離を縮める一番の近道です。

逆に、自分の話ばかりしてしまったり、一方的にプレゼントを用意したりするのは相手からすると良しと思わないことが多いです。それどころか『自分本位な人だな』と思われる可能性もマジでありますので要注意です。

本当に相手のことが好きなのであれば相手のことをしっかり考えてあげましょうね。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です