好きな人を意識させる会話&行動テクニック

自分が気になる異性の人と付き合おうと思ったら、まずは自分のことを異性として認識してもらわないといけません!

しかし、現時点で、ただの友人、ただの同僚でしかない自分を相手に意識させるにはどうしたらいいのか。

迷う人も多いはず!

今回は実践で使える『相手に自分のことを意識させる』テクニックを紹介します!

  1. 会話編
  2. 行動編

2つのカテゴリーに分けましたのでそれぞれ紹介していきますね!

 

スポンサーリンク




 

テクニック(会話編)

やはり言葉の」パワーはすごいです!

行動を少し変えるより、言葉でダイレクトに表現した方が効果抜群です。

相手とのデート時などに次のようなセリフを織り交ぜてみてくださいね!

 

①彼女(彼氏)いるの?』

このような質問をするということは相手の恋愛に興味があるということ。

あなたが異性として意識していることをさりげなくアピールすることができます。

 

②『彼女(彼氏)いないの?意外だな~』

①で恋人の有無を確認した後、是非言って欲しいのがこれ!

彼氏や彼女がいないことが『意外』だと伝えてみてください!

あなたほど素敵な人に恋人がいないなんておかしい!

と表現することで、異性として魅力的だと思っているということを向こうにアピールすることができます。

 

③『あなたの恋人になる人は幸せだろうな~』

②の続きになりますが、これもコンボにしましょう。

この言葉を相手に言うと、『そんなことないよ~』なんて言ってくる人が大半ですので、この後に相手を誉める言葉をぶつけまくると良いですよ!

『優しいし、仕事も一生懸命だし、子供にも優しいし、友達も多いし、家族にも優しいよね』

みたいな感じで、ガツガツ誉めましょう。

みんなが気付いていないあなたの素晴らしいところも私は気付いています、という意味でもアピールできます。

 

④『この悩み、あなたにしか言ってないから他の人には内緒ね』

悩みでも弱みでもなんでもいいのですが、ようは秘密などを相手に話してとどめに『この話はあなたにしか言ってないから』と添えることによって、他の人とは違う存在なんだと言うことをアピールします

⑤『あなただけにプレゼント』

これも特別な存在であることをアピールする一つの方法ですが、お土産やバレンタインのチョコなど、大勢に渡すものとは別に相手用に用意します。

恩着せがましく言ってはいけませんが、『普段お世話になってるから』などの言葉を付け加えてさりげなくアピールしましょう。

 

スポンサーリンク




 

テクニック(行動編)

言葉と同じくらい、相手に意識させる方法として行動を変える手段もあります。

①連絡をまめにする

LINEなどのメールは相手にあなたのことを意識されるのに非常に有効です。

まめに返信するようにしましょう。

ただし、ウザいと思われたら逆効果になります。

ポイントとしては、向こうのメールのやり方に合わせること

しょっちゅうメールするのが好きな人であればこちらも頻度を多く、相手が1日に1回しかメールしないような人であればそれに合わせます。

会話の文字数やスタンプの使い方なども基本的に相手に合わせていればそこまで問題になりません。

気が付いたらあなたの存在が相手の『日常』に溶け込んでいるというのが狙いです。

 

②ボディタッチ

女性から男性へはセクハラみたいな問題になることもあまりありませんので(笑)、時折加えるといいです。

男性側から女性へのボディタッチは勇気がいると思いますが、飲み会の時とか、お酒が入っているとどちらもふわふわしているのでナチュラルにできます。

女性から悩みを打ち明けられた際などは頭ポンポンをするとときめく女性は多いです。

あまり積極的にいくと引かれるのでほどほどに。

 

③距離を近くする

いつも社員食堂で真向かいに座って食事をする人が距離を縮めるにはどうしたらいいと思いますか?

例えば、カウンターがあるお店に行って横並びに座ると自然と距離が縮まりますね!

横に並んでいることで①のボディタッチもしやすいです。

距離だけで言うと、でのドライブもいいですね!せまい空間に二人っきり。

しかも、カウンターや車のように『横並び』になっている方が、心理学的にも普段離せない会話がしやすいのだとか。

取り入れてみてください!

 

④目線を合わせる

『目は口程に物を言う』と言いますが、好きな人に対しては積極的に目線を送るといいです。

好きな気持ちに気付いてくれるかどうかは分かりませんが、少なくとも好感を持っていることは伝えられます。

恋のステップとしてはまずたどっておきたいルートです。

 

 

調査結果(まとめ)

相手に意識させるためには、まずはあなたの存在があることが普通になって、居心地が良くなり、その後特別な存在になっていくようにステップを進めていかなければいけません。

会社の同僚、幼馴染、親友のような関係だと異性としてなかなか意識してもらえないかもしれませんが、少しずつ徐々にアピールの機会を増やしていくことが大事です。

継続していたらいずれ必ず気付いてくれます。

諦めずに小さなアピールを続けていきましょう!!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です