元彼に連絡を取る時のオススメの内容を解説!復縁を望むなら返信率の高い内容を選ぼう!

復縁を望んで元彼に連絡するとき、どんな内容を送ったらいいのか・・・迷いますよね!

内容を間違えて復縁どころか嫌われたらいやだし・・・でもこのまま何もしないのも嫌だ!その気持ちも分かります。

今回は、別れた後もなお、元彼のことが気になって連絡を取りたい女性に向けて、『元彼に送るベストな内容』を解説していきます!

 

補足

元彼に連絡をするときには復縁願望の有無にかかわらずタイミングが重要です!!

適切なタイミングじゃないときに連絡してしまうとウザがられたり迷惑になって嫌われてしまうことも・・・!

まずはこちらの記事で『そもそも今、復縁を考えるタイミングとして適切なのか』をチェックしてみてください!

復縁のタイミングの見極め方!相手からの脈ありサインを見逃さず心の隙を突くべし!

2020年1月26日

 

 

スポンサーリンク




元彼が返信したくなる内容

所長:りん
元彼が返信しちゃうような『理由』を作りましょう!!

まず大前提として、元彼に連絡をする場合はなにか『理由』を作った方がいいですね。

付き合っている当時は気軽に連絡を取り合っていたかも知れませんが、今はもう二人の関係性は変化しているわけですから。

『暇?』とか『最近なにしてんの?』とかあまり深い意味のない連絡はあんまりしない方がいいと思います。

 

そこでオススメなのがこれらです。

 

  1. お誕生日おめでとう
  2. ご飯の誘い
  3. 急ぎの確認事項があって・・・
  4. 元彼の得意分野を質問する
  5. 悩みを打ち明ける
  6. 共通の知人のネタ

それぞれ解説していきます!

 

①お誕生日おめでとう

私的にこれが最適なアプローチ法だと思っています。

というのも私自身、以前、元恋人からこれをされた経験があります!

向こうが復縁を望んでいたかどうかは定かではありませんが、誕生日にLINEをくれるってシンプルに嬉しい。

別れてもなお覚えていてくれたことは素直に感動します。

しかも『誕生日メール作戦』にはさらにオススメできる理由がありまして・・・。

送られた方は高確率で返信します!

嬉しいから感謝の気持ちも伝えたいし、送られて来たメールに対して内容的に返信もしやすい

復縁の気持ちがあろうがなかろうが、別れ方が少し悪かったりしても、『ありがとう!』だけは返せますから。

そういう意味でもオススメです。

 

②ご飯の誘い

ご飯は手軽さもあり、誘い方としては良いと思います。

お昼の気軽なランチとか、夜も気軽に行けるようなにぎやかな場所が個人的にはオススメですね。

気合い入れて高級なディナーとか予約したい気持ちも分からなくもないのですが、あくまでもライトに誘うことをオススメします。

『久々にご飯でもいかない?駅前に新しい居酒屋がオープンしたみたいだし、どうかな?』

こんな感じで軽く誘ってみましょう。

 

③急ぎの確認事項があって・・・

元彼からの返信が来る確率が高い方法の一つです。

なにか確認したいことがあればそれをネタにしてみましょう。

『友達の〇〇さんと連絡を取りたいんだけど、連絡先知らない?』みたいな感じですね。

もちろん、ちゃんとその用件があった方がいいのですが、まあ、架空の理由を作ってもいいかな、と私個人は思います。

『急ぎで確認したい』とつけることですぐに返信してくれます。

 

④元彼の得意分野を質問する

何か元彼が得意なことがあればそこに対して質問してみる作戦です。

元彼が車に詳しいのであれば・・・

『最近車の調子が悪いの・・・。どこに相談したらいいかな?』

 

パソコン関係に詳しいのであれば・・・

『パソコンを買い替えようと思ってるんだけど、種類が多すぎて何を選んだらいいか分からなくて困っています!なにかオススメはない?』

みたいな感じですね!

人間、得意なことを人に教えたり、頼られたりすることは好きなものなので、わりと返信も返ってきやすいかと思います。

 

⑤悩みを打ち明ける

何か悩みがあればそれを聞いて欲しい!と相談を持ちかける作戦です。

元彼の性格にもよるのですが、もしかしたら相談に乗ってくれるかもしれません。

その時の注意点としては、重くならないこと。

『死にたいくらい悩んでる・・・』『毎日気が思い・・・』こんな空気を出されたら元彼側からしてもたまったもんじゃありません!

『最近仕事のストレスがすごいの!ストレスたまった時はバッティングセンターにかけこんでるよ!付き合ってくれない?』

みたいに、ライトに誘うことをオススメします。

 

⑥共通の知人のネタ

二人の共通の知人がいればそこを会話のネタにするのもあり。

『友達の○○が引っ越すんだって!』

『先生が定年退職するみたいだよ』

みたいな感じですね!

あまりにもどうでもいい話だとスルーされる可能性もありますが、二人にとって結構近い関係の人の話だと効果ありです。

 

スポンサーリンク




 

元彼に連絡を送った後はどうしたらいい?

元彼に勇気を出して連絡を送った後、大切なのはこちらの接し方です。

返信が来たらついつい恋人関係に戻ったような気になってしまうのですが、あくまでも二人は付き合っていない『元恋人』であるということを絶対に忘れてはいけません。

気を付けるポイントをまとめてみました。

 

元彼に連絡を送った後に気を付けるべきこと

  1. あくまでも友達から!彼女ぶらない
  2. 重くならない・文章は短めに
  3. 復縁を匂わせない
  4. 過去のごたごたを引っ張り出さない
  5. 返信が来なくても気にしない

 

①あくまでも友達から!彼女ぶらない

元彼から丁寧に優しく返信が返って来た場合、ついつい彼女に戻ったように錯覚してしまうのですが、ここは大きく注意が必要です。

というのも復縁は難しく、そもそもいきなり恋人に戻るというのは難易度が高いのです。

まずは『友達関係』から二人の関係性を再構築することを強くオススメします。

友達としてちゃんと対等に接していきましょう。

 

 

 

②重くならない・文章は短めに

返信内容は短く、手短にを心掛けましょう。

相手から返ってきた返信に対して、嬉しさから長文でぎっしり送りたい気持ちも分かりますが、ここは我慢です。

長い文章で送ってしまうと気持ちの重さが伝わります。

今回、短めに返信することによって次も送りやすいし、向こうも『あれ?もっと話したいのになあ』と思わせることもできます。

 

③復縁を匂わせない

これが超重要。

いきなり復縁を匂わせるようなことはしないようにしましょう。

今付き合っている人がいるのか、好きな人はいるのか・・・恋愛絡みで相手に質問したことも山ほどあると思いますが、恋愛の話を振ると復縁を望んでいることに気づかれるかも。

初回は取り合えず触れない方が良いでしょう。

 

④過去のごたごたを引っ張り出さない

久々に会話したことで付き合っていた時の話とか、別れた瞬間を思い出すこともあるかと思います。

でも、過去の話、とくに揉めた話は絶対に触れないようにしましょう。

特に『あの時の言葉の意味はなんだったの?』みたいな、すでに終わっていることをほじくり返すのはマイナスにしかなりません。

今回以降もまたメールしたいな、と思ってもらうためには楽しいイメージだけを持ってもらうことが大切です。

 

⑤返信が来なくても気にしない

中には返信が来ないこともあるかと思います。

ショックだとは思いますが、あまり気にしないことです。

復縁は『冷却期間』が絶対に必要。もしかしたら向こうはまだ失恋の気持ちを整理しきれていないのかもしれません。

ここでしつこくメールを連投するよりは、向こうの気持ちが落ち着くまで待った方が復縁の可能性はあると言えます。

 

調査結果(まとめ)

別れた後の元彼に連絡をしたい場合、気を付けることは2つ。

連絡に理由を持たせることと、帰ってきた返信を軽く返すことです!

 

元彼に連絡するときのオススメの連絡内容

  1. お誕生日おめでとう
  2. ご飯の誘い
  3. 急ぎの確認事項があって・・・
  4. 元彼の得意分野を質問する
  5. 悩みを打ち明ける
  6. 共通の知人のネタ

個人的なオススメな『誕生日おめでとう』ですね!純粋に嬉しいですし、返信が返って来やすいです。

そして、元彼から返信があった後も大切。

元彼に連絡を送った後に気を付けるべきこと

  1. あくまでも友達から!彼女ぶらない
  2. 重くならない・文章は短めに
  3. 復縁を匂わせない
  4. 過去のごたごたを引っ張り出さない
  5. 返信が来なくても気にしない

復縁までの道のりはまだまだ長いことを理解しておきましょう。

取りあえず返信があれば嫌われてはないということですので、今後じっくりチャンスを狙っていきましょう!

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です