婚活がうまくいかない!自分に厳しくなりすぎていませんか?【女性編】

婚活を始めた頃は気合い十分で、毎週婚活をがんばっていたけど良縁に恵まれず心が折れてきた・・・。このような声を私の周りでもよく聞きます。私自身も『もういい!』と自暴自棄になった時期がありました。

周りが順調にいっていればますます焦りが大きくなりますよね!

そんな人はここで一度ひと休憩しましょう。

そしてなぜうまくいかなかったのが理由を分析することが大事です。

婚活に行き詰っている人には共通点を紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

婚活がうまくいかない人はここをチェック!

出会いの場所を間違っていない?自分に合う婚活ジャンルを選ぼう

結構多いのがこのタイプ。

『婚活』と言っても種類は実に様々。結婚を急ぐ人もいれば、とりあえず恋人がほしいだけという人もいますし、お仕事の事情で活動できる時間も人によってさまざま。

なによりも本人の性格に合うかどうかはかなり大きいです!

恋愛にあまり自身のない人がフリートークメインの合コンや街コンに行っても進展は難しいかもしれません。

そのような方はアドバイザーをはさんで背中を押してもらえる『結婚相談所』がオススメですし、逆に自分自身で多くの人と実際に話してみて相手を見つけたい人は『婚活パーティー』の方が楽しく活動できるでしょう。

婚活の難しいところは思うような成果がでなかった時に落ち込んでしまうこと。自分にに魅力がないのかな…と、どんどん落ち込んでしまうんですよね。

負のスパイラルに落ちる前に、自分に合った婚活方法を分析することが大事です。

 

婚活の種類を解説!自分に合った婚活ジャンルを選ぼう!

2019年4月28日

 

相手を減点方式で評価してない?『長所』を加点していくようにしよう

そして、魅力的なのになかなか良縁に恵まれない女性がついついやってしまっているのがこれ。

 

女性

土日休みの仕事じゃないからダメ

おしゃれじゃないからダメ

痩せていないからダメ・・・

 

相手のスペックをまるで専門家のように(笑)診断している女性が多くいます。

もちろん、結婚って大きなことですから慎重になるのは分かりますが、このように『減点方式』で考えていると先に進めるのは難しいです。

というのも、完璧な人間なんてこの世にいませんし、結婚を念頭に置いているせいで真剣に考えすぎて、悪い部分の方が目に入りやすい傾向にあるからです。

そのような方は『加点方式』に変えていきましょう。

『穏やかな性格』『一つの職場に長く勤めていて真面目』『周りの後輩に慕われている』などなど、相手の長所となる部分を意識的に拾っていきましょう。

長所が積み重なると、短所が気にならないくらい尊敬できるようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク




 

 

努力の方向は間違えてない?意識高い系女子は要注意!

素敵な男性と出会うために、メイクも服もがんばってる!ダイエットだってがんばってる・・・!

自分磨きのために英会話や着物にも通っているし・・・!

こんなに努力しているのになぜ出会いがないの??

 

このような声もよく聞きます。

そして、のほほんと過ごしている人に限って意外と相手をさっさと見つけて結婚したりね(笑)。

努力しているがゆえに複雑な気持ちになりますよね。

しかし、よく考えてみてください。その努力、だれのためにやっていますか?

結婚を考えている男性の中にはそのように頑張っているあなたに共感する男性もいるでしょう。

でも、意外とそ~ゆ~部分は求めていない可能性もいるということをちょっと考えてみてください。

 

男性の意見

メイクとかダイエットとかそこまでしなくてもいいから、美味しい料理を作ってくれる人が理想。

趣味が合う人が理想。

 

このような人の場合、あなたの努力は決して無駄にはなりませんが、相手にとっては別段プラスポイントにもならないということになります。

しかもこの『意識高い系女子』の特徴として、自分はこんなに努力をしている=相手も努力するべきという、自分にも他人にも厳しいという傾向があります。

男性からすると、『なんかこの人といると息が詰まりそうだな』と思ってしまうかもしれません。

自分磨きはあくまでも自分のために行いましょう。それで自信をつけるのは良いことですが、他人に対して厳しくなったり、許せないという気持ちが出てきたら要注意です。

 

理想が高すぎない?

最近は減って来ましたが、まだまだ理想が高い人がいるようです。

女性
年収は1000万円で、身長は180cmで・・・

絶対にいないとは言いませんが、そこで条件を絞れば絞るほど、出会う確率は当然下がります。

結婚することが目的なのであれば理想を少し下げて、これだけは!と思える条件を選んでいきましょう!

余談ですが、年収に関してはやはり女性は気にしている方が多いですが、そもそも『30代前後で年収600万以上』という条件だけでも3%しかいないというデータもあります。ここに身長などの容姿、その他のスペックを加えると、確率はもっともっと下がります。

理想はあくまでも理想。もう少し理想を下げてストライクゾーンを広げましょう。

 

女性
転勤がなくて、今の私の仕事に理解がある人なら他は妥協しよう

 

 

まとめ

婚活は相手があることですので、自分の努力だけでは成立しないのがつらいところですよね。

真面目に努力する方に限って負のスパイラルに落ち込む方が多いように思います。

うまくいかないな、と感じた方は一度活動を辞めてみるのも手です。なにより暗い気持ちで出会っても相手にもその想いが伝わってしまいます。

とりあえずここまで頑張ってきた自分を誉めてあげて、そして気持ちを切り替えてまた再出発するようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です