婚活がうまくいかない男性は『駆け引き下手』なだけ!!改善策を公開【男性編】

休日返上で婚活をがんばっているのになかなか良い結果に結びつかない・・・。

本気で向き合っているからこそ、ショックは深いものになると思います。

自分なりに精一杯努力してるけど上手くいかない!

そんな時こそ、一度立ち止まって今までの婚活を振り返ってみましょう。

自分の努力値がそのまま相手に伝わらないのが男女の恋愛の難しいところです。

女性の私が婚活に参加してみて、『この人何度かデートしたら良い部分が滲み出そうなのにな〜』と思う人が何人もいました!!

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク




 

 

婚活がうまくいかない人はここをチェック!

そもそも出会いの場所を間違っていない?自分に合う婚活ジャンルを選ぼう

結構多いのがこのタイプ。

『婚活』と言っても種類は実に様々。結婚を急ぐ人もいれば、とりあえず恋人がほしいだけという人もいますし、お仕事の事情で活動できる時間も人によってさまざま。

なによりも本人の性格に合うかどうかはかなり大きいです!

恋愛にあまり自身のない人がフリートークメインの合コンや街コンに行っても進展は難しいかもしれません。

そのような方はアドバイザーをはさんで背中を押してもらえる『結婚相談所』がオススメですし、逆に自分自身で多くの人と実際に話してみて相手を見つけたい人は『婚活パーティー』の方が楽しく活動できるでしょう。

婚活の難しいところは思うような成果がでなかった時に落ち込んでしまうこと。私に魅力がないのかな、とかどんどん落ち込んでしまうんですよね。

負のスパイラルに落ちる前に、自分に合った婚活方法を分析することが大事です。

 

婚活の種類を解説!自分に合った婚活ジャンルを選ぼう!

2019年4月28日

 

あなたの長所をしっかりアピールできていますか?シャイな人はめっちゃ損してる!

私自身、婚活をして思ったのがこれですね。

女性の立場から見て、

自分を表現するのが苦手な男性が多いです!!本当にもったいない!!

時間をかければきっとあなたの良さも相手に伝わるのに・・・でも婚活って自分をPRする時間がかなり限られています。

しかもデートに繋がったとしてもそこでは2人きりでお話をしていかなければいけません。

緊張もしますし、何を話していいかわからない、という人も少なくないはずです。

そして一般的には『3回のデート』で一つの節目として判断すると言われています。

普通に考えて簡単なことではないです。だから、今まで上手くいかなかったとしても落ち込まないでくださいね。

デートの会話については自分がしゃべりすぎてもいけないし、相手に質問しすぎても引かれてしまいます。『会話のキャッチボール』ですね。これにはやはり経験が大事。

しかし、結果が上手くいかなかったとしてもデートした経験は必ず先で生きますから、落ち込まず冷静に分析して、上手くキャッチボールできるコツをつかんでいきましょう。

口下手でも、言葉の数が少なくても相手とちゃんと『会話のキャッチボール』ができる方法があります。少しずつ会得していけば問題ありません。

『デートの会話術』を公開していますので是非参考にしてみてください。

 

婚活デート2回目の会話術【男性編】

2019年4月26日

 

 

スポンサーリンク




 

 

相手に気を遣いすぎたらダメ!自然体でいるようにしよう

ついついやってしまいがちなのがこれ。

これは私の友人の体験談なんですけど、初めて会った時にお互いの印象が良く、それから何度かデートしたのだそうです。

雰囲気も良くて、この男性ともっと話してみたいな、と思っていたそうですが、一つ気になる点が。

デートの度に『プレゼント攻撃』!!

ちょうど誕生日の時期と重なっていたというのもあったようですが、3回目のデートまで会うたびに1万円を超えるプレゼント。

正直…まだ付き合っていません!!!!

はっきり言います。出会って間もなく、まだ付き合ってもいないこの時点でここまでする必要はありませんよ。

嫌がるタイプの女性の言い分としては、『お返ししなきゃ』と思って萎縮してしまうそうです。

ここまでしてもらって申し訳ないな、とか相手が誕生日の時になにを返そうか、と悩みが出てきます。

 

中にはプレゼントをもらって素直に喜ぶ女性もいると思います(実際こちらの方が多いかもしれません)。しかし、よく考えてみてください。

仮に今後お付き合いすることになった場合、これをずっと続けられますか?

最初にここまでしてしまうと、今後『以前はプレゼントくれたのに』とか『最初のころは尽くしてくれたのに』なんて言われてしまいます。

つまり、ハードルを上げ過ぎなんです!!

 

婚活のゴールは結婚。結婚後は何十年も一緒にいるわけですから、最初から無理をする必要はありません。

さりげない気遣いはとても良いですが、高価なものをプレゼントするなど、過度の気遣いは不要です。

(一般的に食事代を男性に出していただくことに関してはそこまで女性はそこまで嫌悪感を感じていないようです)

『真剣に向き合う』というのは楽ではありません。プレゼントを渡しておけばいいとか、奢っておけばいい、という問題ではないのです。相手が気持ちよく『ありがとう』と言えるように、それまでの雰囲気作りや会話を大事にしてみてください。

 

まとめ

婚活は相手があることですので、自分の努力だけでは成立しないのがつらいところですよね。

真面目に努力する方に限って負のスパイラルに落ち込む方が多いように思います。

うまくいかないな、と感じた方は一度活動を辞めてみるのも手です。なにより暗い気持ちで出会っても相手にもその想いが伝わってしまいます。

とりあえずここまで頑張ってきた自分を誉めてあげて、そして気持ちを切り替えてまた再出発するようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です