ズバリ!告白のタイミングは婚活デート3回目がベスト!!

1回目、2回目のデートを経て3回目のデートにたどりついたあなた。

もっと何度もデートを楽しみ…

まだまだ相手のことが分からない…

いろんな感想があると思いますが、実は3回目のデートは一つの節目と言われているんです。

このタイミングを逃すと意中の相手が別の人に向かってしまう可能性もあります。

今回は『3回目のデート』の意味や在り方について考えていきましょう。

 

 

スポンサーリンク




 

 

婚活の目的はあくまでも結婚!脈がなければお互いに早く見極めるべき

告白=愛してるという意味でなくてもいい

ぶっちゃけ、3回デートした程度では相手のことを理解なんてできませんよね!!

もしかしたらまだ『好き』にもなれていないかもしれません。

相性が良いかどうかも分からない状態かもしれません。

しかし、これまでのデートを経て、今後関係を継続する可能性があるかどうかはお互いにうっすら答えが出ているものだと思います。

というのも、婚活のゴールは全員『結婚』です。

結婚の可能性がある人と向き合うべきであり、もしその可能性がなければお互いを知る必要もないんですよね。つまり、ただの友達はいらないんです。

0か100か、はっきりしているのがこの婚活です。

お互いに時間とお金と労力をかけて『目的』のために婚活を頑張っているわけですから、ある意味『見極め』を早くすることがお互いのためになります。

そういう意味で、3回目のデートが一つの節目と言われているんですね。

 

 

3回目のデートで気を付けること

気を抜かない

1回目は新鮮さがあります。

2回目のデートは1回目とは違うデートにしようとがんばります。

問題は3回目。新鮮さや勢いという武器がありません。相手の空気もわかってきているので、よくも悪くも気が抜けてしまうのがこの3回目のデートです。

食事やデートコースも気を遣いましょう。

あと、特に気を付けていただきたいのが会話です。

1、2回目はリアクションが良かったのに3回目になると相手の口数が減った。よくある話です。

単に慣れてきているだけなのですが、1、2回目のデートの好感度が高かっただけにその温度差が気になるようになります。

 

 

 

1回目、2回目とデートの内容を変える

1回目、2回目のデートでは『相手を知る』という意味合いで食事に行く方が多いようです。時間も短めの人が多数。

それゆえに3回目はデートでどこに行くか悩む人が多いように思います。

『3回目』は相手を見極める機会。今後真剣交際へと進むか、別の人を探すか・・・ターニングポイントとなります。

ですので、1回目、2回目のデートでは見れなかった相手を知ることができるようにデートの内容を今までと変えることをオススメします。

そして時間も長めに取りましょう。

食事だけでなく、少し遠出をすると良いですね。

観光地にプチ旅行、ドライブなどもオススメです。

車の中って向かい合わないから会話がしやすいんですよね。個室ですし移動中も会話を楽しめます。

 

スポンサーリンク




 

プライドや恥ずかしさは捨てて素直になろう

何度も言っていますが、3回目は大きな分岐点になります。考えたくないけど、もしかしたら『次』はないかもしれません。

恥ずかしがっていたり、自分からアプローチするのは恥ずかしいなんて思っていると、相手に気持ちが伝わらず、そのままチャンスを逃してしまうことにつながるかもしれません。

3回目のデートまでつながっているということは、相手もあなたに対してポジティブなイメージを持っていることは確実です。

ですから、そこは自分の気持ちに素直になって感情を伝えるようにしましょう。

 

オススメの会話キーワードは

『あなたといると楽しいです』

『自然体でいられます』

『もっと一緒にいろんなところに行ってみたいですね』

など。

この言葉に対しては『そうですね』『ありがとう』と返せるので、このような会話はガンガン出していきましょう。

告白ではないけどかなりのアピールになります。

 

少しタイミングを考えながらぶつけていきたいのが直球系の言葉ですね。相手のテンションを見ながらタイミングを伺う必要があります。

『あなたと結婚したら毎日が楽しいだろうなあ』

『あなたしか考えられません』

 

このような言葉は一気に距離を縮められるチャンスにもなりますが、逆に人によっては重いととらえる人も。

適した場で出すからこそ効果を発する言葉です。

もしこのような言葉を使うにしてもデート序盤ではなく後半で使うことをオススメします。

 

 

まとめ

3回目のデートは緊張しますが、でも逆に言えば当たって砕けろの場でもあります。

絶対に意識して欲しいのが『後悔をしないこと』。

好きという気持ちを伝えておけば良かった…

気持ちの伝え方が直球すぎて相手に引かれてしまった…

 

このような場合は後悔&自信低下につながかります。

今までのデートだったら、次のデートで挽回することができたかもしれませんが、今回ばかりは次がない可能性もあります。

だからこそ誠意をもって素直になることが大切なのです。

相手の表情をしっかり見て、そしてあなた自身も素直になることが大事です。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です