結婚が羨ましい!周囲に抱く嫉妬心を乗り越える方法!

友人の結婚が羨ましい・・・。

いつの頃からか結婚式にお呼ばれする度に複雑な想いが湧き出てくるようになりました。

大切な友人の結婚なのに喜べない自分が嫌だ!でもなんかモヤモヤする!!

この複雑な感情の原因と対処法を徹底調査しました。

大丈夫!この感情がわくのはあなただけでありません。

言葉や態度に出さないだけで実に多くの独身者が同じような気持ちを抱えています。

 

スポンサーリンク




 

周囲の結婚を羨ましいと思う瞬間

SNSでの結婚報告を見たとき

も~、とにかく、SNSってほんとしんどいだけですよね(笑)。

相次ぐ結婚報告、見なければいいだけなのですが、フォローしちゃってるし見ないわけにもいかない。コメントしないわけにもいかない。

人生最高に幸せそうな写真と、多くの人に祝福されている姿を見て羨ましいという気持ちがわいてくる人が多いようです。

 

家族イベントが忙しそうな時

結婚するとそれまでの生活から一変、一気に忙しくなります。

特に女性はその変化が大きいですね。

独身時代は一緒にショッピングに行ったりライブに行ったり。時間も気にせず一緒に遊んでいたのに結婚を機に予定が合わなくなってきます。

子供ができるとさらにそちらに時間が取られますので、『独身時代と同じように』というのは実質不可能に近いのが現状です。

その姿を遠目に見ているとまるで別人になったような気がして、相手が結婚したことを強く意識し、羨ましくなる人が多いようです。

しかもその友人が忙しいだけならいいのですが、こちらは友人と遊ぶ時間が減った分、時間が余る←これが一番ドスンとくるかもしれません(笑)。

 

パートナーや子供に必要とされているのを見たとき

以前は一緒に職場の愚痴を言っていたのに結婚すると少し様相が変わります。

自分の為に頑張るのではなく家族の為に頑張っている。この感覚の違いが羨ましいと思うきっかけにつながるのだとか。

『守るものがある』というのは義務が増えるので嫌なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、頑張る理由がある=誰かに必要とされているということ。

誰かに必要とされたり求められたりすることは『生きる目的』にもつながっていきます。

仕事だけでなく育児もそうですね。

親がいないと子供は生きていけない。この姿を見た時に、独身者は自分には自分を必要としてくれる人がいないと悲観的になるようです(実際そんなことないんだけど)。

 

友達との会話のネタがいつの間にか家庭に関するものばかりになっていた時

結婚した友人とランチや飲みに行った時、既婚者の人数によってはただのファミリーの話題になります。(私の経験上、既婚者の割合が半数を超えたら家族の話ばかりになります(笑))。

旦那の愚痴、子供の習い事の話など、独身者からするとなにも話すネタがないことを話題にしているからほんといたたまれない。

既婚者からするとただ愚痴っているだけなのですが、それすらも羨ましいと思えてしまうのです。だって、その愚痴、こちらも言いたいんだよ!でも言えないんだよ!!

愚痴の内容でさえも羨ましく感じて来るものです(笑)。

 

 

克服法

それではこの胸につかえているモヤモヤを少しずつ取り除いていきましょう。

自分の感情の理由を知る

これが一番。

すんごく向き合いたくないと思うのですが、自分の本心を向き合いましょう。

ノートに書き出すのがいいですよ。誰に見せるわけでもないので今自分が何にモヤモヤしているのか、どんな人のことを羨ましく思うのか、逆に羨ましいと思わない人はどんな人なのか。

赤裸々に描き出しましょう。そしてその理由を分析することが大事です!!

  • イケメンに愛されているのが羨ましい⇒イケメンに好かれたい?
  • 若い奥さんがいることが羨ましい⇒若い人に好かれたい?
  • 仕事から帰ったら手料理があるのが羨ましい⇒家事をしてくれる人が欲しい?
  • 子供がいるのが羨ましい⇒子供が欲しい?
  • 旦那の給料のおかげで専業主婦しているところが羨ましい⇒仕事を辞めたい?

一言で『結婚が羨ましい』と言ってもその言葉の裏には様々な意味があります。

あなたはどんな理由ですか?

しっかり分析した結果、自分も結婚したいのなら婚活すべし。

それ以外の理由なら、別に結婚にこだわる必要もないかもしれません。

自分自身の本心を知るところから始まります。

 

本当に幸せな人は過度なアピールをしないことを知る

結婚ってとても幸せそうに見えるのですが、実はその家の中のことってほんと当事者にしかわかりません。

とても面白いのですが、夫婦円満で超幸せな人ってわざわざSNSなどで発信しないことが多いです。

だってすでに十分満たされているわけですからね!これ以上だれかに広めて満たされる必要もないというわけです。

逆に、夫婦円満を過剰にアピールしてくる夫婦は怪しいです(笑)。アピールしないと安心できないなにかでもあるのでしょうか。自分たちに言い聞かせているのか、周りからは良く見られたいのか知りませんが、わざわざ過剰にアピールする人はほっておくに限ります。

 

メリットデメリット分析

結婚のメリットとデメリットを理論的に考えてみるのもいいですよ。

なぜか私たちは結婚を『ゴール』ととらえていますが、結婚後、むしろ地獄が始まる人もいます(笑)。

決してゴールではなく、死ぬまでお互いに許し合いながら生活をしていかなければいけないのです。自由な時間や自由なお金もなくなります。

他の人を愛することも許されなくなります。これって人によってはかなりキツイですよね?

こんなデメリットあふれる中にメリットがあります。どちらが多いか正直分からないです。

このようなことを理論的にそして客観的に分析していきます。

結構冷静になれますよ(笑)。

 

スポンサーリンク




 

無理に祝福しない

それでも結婚をうらやむ気持ちが消えないときは、もう無理に祝福しなくてもいいです。

私も一時期、顔を出さなくなったグループがあります。

久々に『グループLINE』が鳴ったと思ったら、結婚報告、出産報告ばかり。

こちらに許された解答は『おめでとう!』だけです。

赤ちゃんの写真とか添付されてるけど、ぶっちゃけ赤ちゃんの写真ってどの子も一緒だし特に感情はわかないです(ヒドイ(笑))。

しかし一番精神的にキツいのが、その後すでに結婚や出産を経験している『先輩』たちがそこでアドバイスするんですよね!

『出産の後は〇〇した方がいいよ!』

『結婚直後って〇〇だよね!』

こんな話で盛り上がって、未婚者はただただその会話の流れを見さされる・・・。

もう途中から見なくなりましたわ\(^o^)/

どっか他のところでやってくれ(笑)。

例えるならなんでしょ。

自分だけ大学受験に失敗して浪人してて、他の人が現役で受かってて大学の大変さを愚痴るのを聞かされるみたいな(笑)。

地獄(笑)!!

ですから、距離置いていいんです。そんな時はそして本当の友人なら察してくれます。結婚の話はともかく、受験のたとえは非常に感情が理解しやすかったと思います!

悪意のない嫌がらせともとれるわけです。

なので、無理せず行きましょ。嫌な時は距離空けましょ。

 

早い結婚=幸せではない

若い頃は早く結婚した方が多くの人に祝福してもらえるし、幸せのように感じますが、結婚は死ぬまで続きます!若い頃の幸せがそのままずっと続くわけでもありませんし、内容が大切です。

イケメンだって老ける、スリムな人だって太るかもしれない。価値は変わるということです。

60歳、80歳になったら、何歳の時に結婚したかなんてさほど気になりませんよ。

その瞬間に笑顔でいられるかどうかの方が重要です。

 

他人と比較しない

他の人の結婚が羨ましく思えたりもしますが、他人と比較することは幸せにはなれません。

比較して幸せを得たとしても、次にまたなにかと比較したくなるものです。

自分が世界の頂点に立てるような実力を持っているのであれば話は別ですがそんな人はいないでしょう。

本当に幸せな人は自分の価値観をしっかり持っています。だから人と比べません。それで十分満足しているから、必要以上に自分の幸せを見せびらかそうともしません!!

こう考えると比較することって無駄なんだと分かると思いますし、逆にあなたの周りでやたらと比較したり見せびらかしたりしてくる人に対しては『あ、この人幸せじゃないんだな』と思ったらOKです。

 

婚活を開始する

もし色々分析した上でやっぱり結婚をしたいという思いがあればすぐにでも婚活を始めましょう!

婚活は若い方が有利な傾向にあります。

また、年齢が上がれば上がるほど『数字の差別』が強くなります。

年齢、年収、などプロフィールカードの『数字』だけで判断されて会ってくれないこともあります。

ですので、1日でも早い方がいいです!

 

他に充実したものを探す

分析した結果、羨ましいと思う対象が結婚ではなかった、というパターンもあると思います。

結婚したら幸せになれるわけでもないし、結婚しないと幸せになれないわけでもありません。

他にあなたが幸せになれる環境があればそれが正解です。

ここまで分析しているときっともう友人の結婚を羨むこともなくなっているかもしれませんね!

 

調査結果(まとめ)

羨む感覚、嫉妬の気持ちは決して悪いものではありません。

羨むということはそれはあなたが欲しいものだからです。欲しくなければよくも悪くも感情は動きません。

ですから、その湧き出る感情を『きっかけ』にして欲しいのです。

結婚したいと思うのであれば婚活を始めるきっかけに!

結婚以外にやりたいことがあればそちらに的をしぼるきっかけに!

嫉妬や羨む感情でもなければ今こんなに真剣に考えたりもしませんからね!

是非チャンスを活かしてください!

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です