彼女を喧嘩したときの正しい謝り方!いい加減謝ってるとさらに怒らせることになるかも!

大切な存在であるはずの彼女とのケンカ。

泣かせてしまったり、怒らせてしまったり、傷つけちゃったり・・・。

悪気はなかったとしても彼女に嫌な思いをさせてしまったのは事実。

そんな時は当然謝らなければいけないのですが・・・

まあ~なんとも・・・『間違った謝り方』をしている男性が本当に多い(笑)!

実際、謝り方が悪くて地獄絵図になっているカップルを何回も見たことがあります!!

女性の心に届く謝り方というのがありますので、しっかりポイントを押さえていきましょう!

 

『謝ればええやんろ?』と思っているとほんとに痛い目みますよ!

ほんとに・・・(笑)。

 

スポンサーリンク




 

彼女への正しい謝り方

まず大前提として彼女が納得するように謝らなければいけません。

この順番で謝罪を進めていくといいですよ!

彼女への謝罪プロセス

  1. 彼女が怒っているポイントをちゃんと理解する
  2. 彼女の言い分を聞く
  3. 今後しないことを約束する

 

それぞれ解説していきます!

 

①彼女が怒っているポイントをちゃんと理解する

所長:りん
そもそもさ、彼女がなんで泣いてるか理由分かってる??

まずですね、そもそも彼女が何に対して怒っていたり傷付いているかを分かっていない男子が多いのです(笑)。マジで。

その理由を勘違いした状態で謝っても無意味。

さらに、理由はよく分からんけど、とりあえず謝っておこう、ってのは、逆に火に油を注いで彼女がさらに爆発する可能性もあるので気をつけてください。

女性は、自分の感情を理解して欲しいのです。

謝るときには、彼女の気持ちを理解して言葉に出してあげると効果的です。

良い謝り方の例

  • 『俺の言い方がきつくて怖かったよね、ごめんね。』
  • 『出張ばっかりでなかなか会えなくてごめん。寂しい想いをさせてしまったね。』

こんな感じで、

  1. 原因⇒自分の言葉で説明する
  2. 彼女の心情⇒彼女の心情に寄り添う

この二つのポイントを押さえておくと、彼女としても彼氏の謝罪の言葉を聞く耳を持ちます。

『自分の感情を分かってくれてる』というのは女子にとってほんとにほんとに重要なのです。

 

ちなみに・・・

彼女が怒っている理由が的外れだと・・・ここから前に進みません。

当たるまでずっと次のステップに進みません。

 

②彼女の言い分を聞く

あなたの言葉で自分の過ちを反省したら今度は彼女の言葉を聞きます。

そこで許してくれることもあれば、さらにあれこれ追及してくることもあるでしょう。

彼女が自分の感情をぶつけてくることもありますし、あなたのした行動について理論的に攻めてくる可能性もあります。

しかし、ここはまずは彼女の言い分を聞いてあげてください。

言い返したくなったり、彼女がなにか勘違いしていることがあって訂正したくなることもあると思うのですが、一旦、とりあえず聞きましょう。

彼女が精一杯感情的に話している時に話の腰を折られると、これもまた彼女にとっては怒りのスイッチになりかねません。

彼女の言葉を全部聞き終わって初めて冷静な話し合いができるのです。

 

③今後しないことを約束する

さて・・・彼女の話をしっかり聞いて、あなたの言い分も言って、お互いに納得できるレベルまで話を進められたら、最後は『約束』をします。

今後は同じことをしないように、彼女に同じ思いをさせないように約束しましょう!

ここまで来てようやく解決です!

 

スポンサーリンク




 

やってはいけない彼女への謝り方

それでは続いては、謝る時に彼女にやってはいけない言動を解説します。

これをやると彼女の感情を鎮めるどころがヒートアップさせる可能性もあります。

気をつけましょう。

  • 怒らせてしまった理由をちゃんと理解していない/とりあえず謝ればいいと思っている
  • 言い訳
  • 反発/逆ギレ
  • 笑って流す
  • ふてくされる/面倒くさがる

 

怒らせてしまった理由をちゃんと理解していない/とりあえず謝ればいいと思っている

女性
彼氏とケンカしました。その後彼氏がめっちゃ謝ってくるから『私がなんで怒ってるか分かる?』って聞いたらなにも言えなくなって無言に・・・。分かってないんじゃん(怒)!!!理由も分かってないのに適当に謝ればいいやという姿勢を見てなおさら腹が立ちました。

全彼氏に聞きたい。彼女がなぜ怒っているか分かりますか?

実は結構分かってない人が多いのです。本質が分からないまま彼女に謝罪してもなにも解決しません。

とりあえず謝るんだけど原因が分からずに取りあえず謝罪するものの、本質を分かってないから彼女からしたら余計に腹が立つわけです(笑)。

ちなみに、あなたが考えた理由が違った場合は当たるまで回答を出し続けるしかありません(笑)。

どうしてもわからなければ素直に彼女に聞くのもありです。

男性(30代)
『ごめん、考えたけど理由が分からない。なぜ怒ってるのか教えて』

ここまで言えば彼女も教えてくれるはずです。

 

言い訳

彼女との話し合い中、あなたとしても言い分があり、ついつい言い訳のように言い返してしまうことがあるかと思います。

気持ちは分かりますが、これは逆効果。

もし彼女になにか説明したいと思ったら、彼女が一通り話し終えてからにしましょう。

 

反発/逆ギレ

彼女がすごい剣幕で責めてきたり、あなたにとって痛いところを突いてきたとき、ついつい逆ギレして強く言い返してしまう人もいるかもしれません。

これもNG行動です。

今度は『怒鳴られた』という部分で彼女がお怒りモードに入りますよ(笑)。

絶対に感情で返してはいけません。

 

笑って流す

彼女が怒っている時、空気を悪くするまいと思ってついつい流す人がいますがこれも要注意。

彼女の怒りがそれで流せる程度の小さいものであればいいのですが、もしかしたらマジで憤慨しているかもしれません。

重い空気にする必要はありませんが、彼女の感情を読み取る際には慎重に。

 

ふてくされる/面倒くさがる

彼女がガミガミ説教して来たら正直面倒くさいと思います。

でもそこでそんな態度をすると解決なんてどんどん遠のきます。

表情には出さず、彼女の話を聞くようにしましょう。

 

 

彼女に謝罪するときのワンポイントテクニック

ここでは彼女に謝るまでと、謝った後のワンポイントテクニックを紹介します。

  • 彼女の感情が落ち着くまで待つ
  • プレゼントを贈る

 

彼女の感情が落ち着くまで待つ

彼女が怒ったり傷付いたりした直後はまだまだ感情が高ぶっている可能性があります。

その時に話しかけても、まさに聞く耳を持たず。

彼氏が頑張って説明しても言い訳のように聞こえるし、理論的に理解するのが難しいかもしれません。

そんな時は少し時間を置きましょう。

ただし、挨拶などの最低限のメールは続けてください。

『おはよう』『お仕事お疲れ様』『おやすみ』など。

向こうが無視してきても、それでも毎日続けてください。

あなたが毎日彼女のことを気にかけている、というのを伝えることが大事です。

 

プレゼントを贈る

もし彼女が許してくれたら、謝罪の言葉とともにプレゼントも有効です。

傷付けてしまったけど、それでも彼女のことをちゃんと思っていることを伝えましょう。

 

調査結果(まとめ)

彼女とのケンカしたときは是非彼氏さんの方から謝ってあげてくださいね。

その時の気をつけたいポイントが

彼女への謝罪プロセス

  1. 彼女が怒っているポイントをちゃんと理解する
  2. 彼女の言い分を聞く
  3. 今後しないことを約束する

この3つでした。

彼女が一番気にしているのはあなたの心情や感情です。

ちゃんと彼女の心情を考えているか、罪悪感を感じているか・・・そのようなところをチェックしているものです。

ですから『とりあえず謝っとこ』というのは正直通用しません。

 

もし彼女が怒り大爆発でメールや電話を無視する場合もくじけずにコンタクトを取り続けてください。

女性の怒りの感情を甘くみないようにしましょうね(笑)!

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です