初デートの会話のネタ!質問と相槌を使って2回目のデートに繋げよう!

初デートで緊張してなかなか上手く会話ができない!何を話していいか分からない!という人は少なくありません。

『初デート』の目的は次につなげること。

まずは告白などは考えず、とりあえず2回目のデート繋げるように会話を選んでいきましょう!

 

スポンサーリンク




初デートの会話の流れ

私がラジオDJ時代に多くの人にインタビューをしまくってきた経験から言うと、初対面という緊張マックスの状態で上手く会話を進めようと思ったら意識するのはこの2つです。

 

初対面の人との会話で意識すること

  1. 質問
  2. 相槌

え?これだけ?と思うかも知れませんが、

逆にこれだけでいいです!

 

初デートの会話のコツ①質問上手になろう

会話が苦手な人こそ質問上手になろう!

『上手く会話しなきゃ』と思うとついついやってしまいがちなのが『自分がしゃべらなきゃ』という勘違い。

はっきり言ってこれは間違いです!

異性との会話が上手い人には共通した特徴があって、その人達は話し上手なのではなく『聴き上手』なのです。

質問が上手いから、自分がベラベラしゃべらなくても相手がたくさん話してくれる。話を聞いてくれるとなると相手も気持ちいい。つまり、お互いに楽しい時間を過ごしている感覚があるということです。

では具体的にそのコツを解説していきます!

 

質問は5W1Hを意識すること

初デート成功の鍵は『質問』にあります。

ただ質問をすればいいというのではなく、会話が広がるような質問をする必要があります。

その為には『5W1H』を意識しましょう!

そう、英語の時間に習ったアレです!

 

これを意識するだけで自然と会話が広がる質問ができますよ!

例文を元に見ていきましょう

 

(例)自分の趣味が『野球観戦の場合』

ダメな見本

あなた
僕は野球観戦が趣味なんですけど、野球は好きですか?

相手
あ・・・いえ・・・あまり詳しくなくて・・・

あなた
あ、そうなんですね・・・。

まさにこれは失敗例です!

何がいけないかというと、『野球は好き?』という質問に対しては『Yes』か『No』しかないわけです。

『Yes』になればいいですが、そうでない場合はそこで会話が終了してしまいます。

今後の会話を想定しても、『じゃあサッカーは?』『バスケは?』みたいに質問攻めしても、もし向こうがスポーツ全般への興味が薄かったら正直話は弾みませんし、『なんかかみ合わないな~』というイメージだけ植え付けることになりかねません。

会話の成功例

あなた
私は最近野球観戦にハマってて、休日はよく友人と球場に行ったりするんですけど、あなたは休日はどんなことをされていますか?

相手
あ~僕はスポーツはあまり見ないんだけど、最近は釣りにハマっていたりしますよ。

あなた
そうなんですね!素敵な趣味ですね!

これは成功例です。

自分が『野球観戦が趣味』ということをさりげなくアピールしつつ、もし違った場合も別の会話が広がるように質問しています。

 

まさにこれが初対面の人との会話のコツなんですが、『5W1H』を意識すると会話が途切れにくく、自然と広がります。

会話を広げる『5W1H』

  1. いつ(When)
  2. どこで(Where)
  3. だれが(Who)
  4. なにを(What)
  5. なぜ(Why)
  6. どのように(How)

これらの質問は相手の解答が『Yes』『No』で終わらず、何かしらの解答を得ることができます。

その解答があれば自然と次の会話に繋がりますので、初デートで相手に質問するときは『5W1H』を意識しましょう。

 

大きめのリアクション『相槌』が鍵

初対面の人とのスムーズな会話をするためにもう一つ重要とされているのが『相槌』です。

相槌が上手い人は相手に自然と喋らせることができます。

相手はしゃべっていて気持ちが良くなるように相槌をしてあげましょう!

 

相手が気持ちよくしゃべる相槌のコツ

  1. 大きくうなずく
  2. 知らないことは大きく驚く
  3. 大きく笑う

見てもらうとわかるように、オーバーリアクションということですね!不自然なくらいしてはいけませんが、多少は大きくリアクションすることを意識していた方が良いと思います。

  1. 大きくうなずけば、共感していると感じては相手はしゃべりやすくなります。
  2. 知らないことに大きく驚けば、相手は得意になって話そうと思ってくれます。
  3. 大きく笑えば、相手はさらにノリノリになってテンション高く楽しい話をしようとします。

 

こちらの相槌を少し大きくするだけで自然と相手がしゃべるようになってくれるのです。これは私がラジオDJ時代にもよく使った手法です。

相手の内面を引き出す為には、緊張している相手の心を無理にこじ開けるのではなく、聴き上手になって自然と扉を開けてくれるのを待った方が簡単です!

 

スポンサーリンク




 

初デートの会話ネタ

質問&相槌の大切さを理解していただいたところで、では実際にどんなネタを振ったら良いのでしょうか。

初デートのオススメの話題の一例を挙げてみました。

なお、ポイントとして、初デートではまだ相手の趣味嗜好が分からないので、基本的に『無難な質問』からジャブを打った方がいいです。

 

初デートに使える会話ネタ

  1. 好きな食べ物
  2. 休日の過ごし方
  3. 出身地・地元の話
  4. ペット
  5. 趣味(合えば)

 

①好きな食べ物

超鉄板ネタです。間違いなく、お互いの意見が違っていても誰も傷付くこともない、鉄板ネタ。

しかも相手の好きな食べ物を聞くことができれば、次のデートのお店選びのヒントにもなります。

共通の好きな食べ物が見つかればすぐに話は弾みますが、それが真逆でもまた盛り上がります。

 

逆に・・・

これはほぼ確実に初デートで話題になるネタということです。

相手から質問されることも考えて、ある程度ネタを用意しておくことをオススメします。

昔こんな男性がいたのですが、好きな食べ物の話になっても・・・

『とくにない』

良く行く行きつけの店を聞いても・・・

『とくにこだわりがないのでいつもファミレスかファストフードで済ませている』

このように解答した人がいました。

正直、このような人は次のデートに繋がりません。理由は超つまんねーからです(決してお金の問題ではないです)!!

会話を弾ませる為にはその人の『好き』『熱意』が必要なわけで、『とくにない』『別に』という人に対しては話題を弾ませるのはさすがの私でも至難の業です。というか、広げる気にもなりません。

どんな食べ物が好きで、ここの店が美味しい!みたいな自分なり『こだわり』を持っておきましょう。

 

②休日の過ごし方

これも無難な質問です。

『休日に何をしているんですか?』と質問するだけで、相手の趣味や交友関係、性格等のヒントも得られるので初デートにおいては鉄板の質問の一つです。

 

③出身地・地元の話

もし二人の同郷が近ければ共通の話題となり弾む可能性があります。

青春時代の行きつけの店とか、何を過ごして過ごしたとか、相手の過去も知ることができるし、共通している部分があればそこで一気に話が弾みます。

また、同郷がうんと離れているとこれはこれで面白いものです。それぞれの地区で学校の規則や過ごし方なども違うのでお互いの出身地の話をすると盛り上がります。

ただ、中には過去の話をしたくない人もいます。もし相手のテンションが乗り気でないようであればこの話は深く触れないようにしましょう。

 

④ペット

誰も傷付かないのがペットの話。お互いに動物好きだと一気に距離が縮まるというメリットもあります。

そしてペットに関しては会話の『正解』が決まっています。

『かわいい!!』←これ一択です(笑)。

 

言い方は悪いですが、ペットを褒められて嬉しくない飼い主はいません。高確率でペットの写真をスマホに入れていますので、それを見せてもらいましょう。そして、模範解答『かわいい!』を言えばOK。

確実にお互いの関係が良好になります。

 

⑤趣味(合えば)

もし初デートをする前の時点でお互いの趣味が合うことが分かっていれば、積極的にその話題を盛り込んでいきましょう。

スポーツ、ゲーム、漫画、アニメ・・・とくにこれらは熱狂的なファンが多く、ハマると一気に心の距離が埋まります。

お互いの趣味が合うというのは二人の関係性を進めるという意味でかなり有利です。

 

 

初デートでは避けた方がいいNG会話

続いては初デートで避けるべきNG会話について解説していきます!

冒頭にも言いましたが、初デートの目的はあくまでも『次回』に繋げること。

今回一発勝負ではないので、とりあえず2回目のデートに繋げることに集中しましょう

となると、無理にあなたを全部開示する必要はないし、向こうの全てを引き出す必要もありませんよね。

マイナスになる質問を避けて、無難な質問を投下すればいいだけということです。

逆にきわどい質問をすると、もしかしたらそれが向こうに取って触れられたくないことかもしれないし、地雷かもしれません。

 

初デートで避けるべきNG会話

  1. 過去の恋愛話
  2. 愚痴
  3. 自慢
  4. 下ネタ
  5. 身内の話
  6. 結婚や子供のこと

 

①過去の恋愛話

これは初デートではタブーです。

過去の交際人数、どんな人と付き合ってきたか・・・これらの話題は気になるとは思うのですが、一度話してしまうと二度と相手の記憶から消すことができません。

それにその交際歴を聞いて相手がマイナスイメージを持つことも考えられます。

どう考えてもデメリットが多いので自分からは振らないようにしましょう。

 

補足
このような使い方だとありっちゃあり!

『今までなかなか出会いがなくて・・・だから今回の出会いがとても嬉しいです!』

このような感じでさらっと過去の恋愛に触れるのはありです。

積極的に使う必要はありませんが、結果的に『今回の恋を大切にしたい』と相手に伝えているので、プラスになる可能性もあります。

 

②愚痴

初対面のデートで居心地がよくなり、ついつい油断して愚痴ってしまう人がいるのですが、これはご法度。

『仕事が大変なんですよ』くらいだったらいいのですが、具体的な仕事の不満、上司の悪口などは言わないことです。

初対面で愚痴や悪口を言う人を見て良い印象を持つのは難しいです。気をつけましょう。

 

③自慢

初デートだからこそ、自分を上手くアピールしたいという気持ちも分かります。

しかし、自慢話はご法度。

謙虚にふるまいましょう。

 

④下ネタ

これは初デートだけでなないのですが、下ネタは厳禁です。

ちなみに私自身は結構下ネタ平気系女子ですが、それでも初対面で言われるとさすがに引きます。

『私下ネタOKだから』という女性の話はあまり信じない方がいいです。『OK』と言ってもそれは仲良くなってから、という場合が多いです。

 

⑤身内の話

相手から勝手に話してくる場合はいいのですが、こちらからグイグイ聞くには危険かもしれません。

家族の話は結構複雑な問題を抱えている可能性も高く、何の話題が地雷になるか分かりません。

もし触れるにしても少しずつ様子を見ながら質問していきましょう。

 

⑥結婚や子供のこと

婚活だと話は別なのですが、それでもいきなり初デートから結婚や子供のことをゴリゴリ聞かれると正直重いと感じる人が多いです。

このようなことはもっと関係性が深まってから話すようにしましょう。

 

調査結果(まとめ)

初デートの際の会話で気をつけるポイントをまとめてみました。

まず会話を円滑に進めるコツとして

初デートの会話を上手く進めるために

  • 質問上手なる・・・5W1Hを意識しよう!
  • 相槌上手になる・・・大きめのリアクションを意識しよう!

というコツをおさえていきましょう。自然と相手が話しをしてくれてお互いに楽しい雰囲気が作れます。

そして、実際に初デートで話すオススメの話題はこれです。

初デートに使える会話ネタ

  1. 好きな食べ物
  2. 休日の過ごし方
  3. 出身地・地元の話
  4. ペット
  5. 趣味(合えば)

お互いに傷付かず、会話にも困らないネタです。

初デートの目的は『2回目のデートに繋げる』こと。

その為には無難な会話を選ぶのがコツとなります。くれぐれも地雷を踏むような話題はしないように!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です