【集めてみた!】デートで触れてはいけない会話のNGワード集!

異性とのデートに苦手意識を持っている人の理由として、何を話していいかわからないという人が多くいます。

会話が途切れてしまうときの恐怖・・・。無言って怖いですよね。

しかし、会話が弾まないことよりも気をつけなければいけないことがあるのをご存知ですか?

それが、NGワードです。

これに触れてしまうと、たとえどんなにタイプであろうが、会話が盛り上がろうが、デートが台無しになる可能性が多いです。

これからデートをする方はこれらのNGワードにはなるべく触れないようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク




 

 

デートでのNGワード

過去の恋愛話

過去の恋愛話については自分からベラベラ話してはいけません。

特に、過去の恋人との『比較』は良いことになりません。

しかし、場合によってはそれがプラスになることもあります。

例えば、このようなセリフはどうでしょうか。

『婚活をずっとしてきたのですが良い人と出会えなくて。でも〇〇さんと出会えて続けてきてよかったと思います』

こんなことを言われたら悪い気はしませんよね?

ようは表現の仕方です。

ポイントは『特定の人を想像させないこと』。

大きなくくりの『コイバナ』であれば問題ありません。

 

ちなみに、なるべく触れたくないこの『元彼・元カノ』の話題ですが、時には自分から語らなくても向こうから質問されることもあります。しかも細かく聞かれたりして。

めっちゃ困りますよね。なんと答えたらいいんだろう…と悩む人も多いのではないでしょうか。

その時は嘘はつかず、最低限答えることをオススメします。

過去何人お付き合いしていたか、最後に恋人がいたのはいつか、このようなことは時折聞かれます。

嘘をつくと先でバレる可能性があります。

正直に言いつつ、あまりにも詳細を聞かれるときははっきり断りましょう。

通常の感覚であればそこまで深く聞いてくることはありません。

 

暗い話・ネガティブな話

デートを重ねて気ごころを知れるようになった時期についつい出てしますのがこれです。

職場の愚痴や家族間の愚痴です。お笑い芸人さんの『すべらない』ばりにネタに変えてガンガン笑いを取れるのであれば話は別ですが、なかなかそれは難しいですよね。

特に、愚痴っているうちに感情が呼び起こされて怒りが込み上がって来たり、泣き出してしまうとせっかくのデートが台無しです。ネガティブは話しは触れないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク




 

 

専門的な話

この手の話になると困るな~というのが専門的な話。時事カテゴリーと言えばわかりやすいかもしれません。

政治経済の話ですね。

話題の一環でちらっと出る分には構いませんが、

 

これから国の財政はどうなると思う?

国の政策はどうするべきだと思う?

 

こんなことを聞かれたらたまったもんじゃありません。

なぜなら、ここはディベートをする場ではありませんから(笑)。

だれかと議論したいのであればそれば別の場で行うべきです。

知識がある人に限って多いですね。ハイレベルな会話を繰り広げてディスカッションするのは楽しいと思いますが、それはもっと先の話。相手がどんな人かわかっていない状態でこのような話題を出すのはオススメできません。

 

 

重い話

まだ相手のことをよく知らない状況下においては、自分の結婚観は話さないことをオススメします。

結婚までの流れとしては、

『相手のことが好き→結婚したい』

が理想ですよね!

でもあまりにも一方的に結婚観をベラベラ話されると、なんか、ジャッジされているようで良い気持ちにならないですよね。

結婚はお互いに歩み寄らないといけません。

自分から理想を語るというのは適切ではありません。

 

 

 

まとめ

中にはこのような話題に触れられても平気な人もいます。

しかし初対面でこれらに触れることはリスクを伴うことを認識しておいてくださいね。

まずは相手との距離をゆっくり縮めていきましょう。そのためにはNGとなりえるワードは避けた方が良いです。

深い話、思い話は関係が深まってからせめていくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です